教育の世界から「隠れ家」へ、地域とつながり続ける場に

森ちゃんの隠れ家 森脇眞理子さん
  • Iターン
  • Uターン
  • 村岡
  • 働く
  • 暮らす
  • 育てる

子どもとふるさとが大好きな森脇眞理子さん。教師になる夢を追いかけて香美町を離れ、兵庫県内の各地で教鞭をとったのち、30代で帰郷。その後50代で全く違う業種である飲食の世界へ飛び込み、地域内外の方の居場所でもある「森ちゃんの隠れ家」をオープン。彼女の人生のターニングポイントについてお伺いしました。

森ちゃんの隠れ家 外観

 

教育の仕事から離れ、癒やしの場「森ちゃんの隠れ家」オープン

森脇眞理子さん

村岡区で生まれ育った森脇眞理子さんは、高校を卒業後、夢だった教職につくために京都市の大学に進学。その後、兵庫県内で西宮市、加東市、三木市などで教壇に立ちました。帰郷後、村岡小学校、兎塚小学校、射添小学校に勤務。小代区出身のご主人も同じく教師として各地で活躍し、合併前の旧美方町の教育長を務めていました。

「主人は地域への思いが強く、住民と学校教育の連携を図る地域連携センターを作ったり、ふるさと教育を推し進めたり、学童保育を始めたりと美方町の教育を良くするために熱心に取り組んでいました」

しかし、市町村合併で教育長から離れ、ご自身の思う形で地元の教育に関われなくなったご主人は、「この地域に男の隠れ家、女の喋り場になるような場所をつくりたい」と一念発起。現在の「森ちゃんの隠れ家」に至る構想を練り始めました。自然豊かな香美町だからできる、庭木が豊かで薪ストーブもある、多くの人たちの癒やしの場。ご主人の構想を聞くうち眞理子さんは「今一番、主人が私を必要としている」と感じ、ご自身も教壇を離れる決意をされました。

開放的なテラス席

 

 

男の隠れ家、女の喋り場

落ち着いた雰囲気の樹や緑を身近に感じる内装、長居する人も多いという「森ちゃんの隠れ家」。「長居してくださったほうが、居心地がいいと思っていただけるようで、私たちは嬉しいんです」と眞理子さんは微笑みます。

入り口から左手には広いギャラリーがあり、地域の方の絵や手芸等の作品展やコンサートを開催、フラダンスのクラスも、眞理子さん自身がインストラクターとして行っています。生き生きとフラダンスを生徒に教える眞理子さんを見てご主人は、「根っからの教師やな」と評したのだそう。

寒い季節には薪ストーブが灯ります

 

2007年のオープンから数年後、一度は教育の現場を離れたご主人が再度香美町の教育長に就任することになりました。既に多くのお客様の居場所となっていた「森ちゃんの隠れ家」を守るため眞理子さんと、そして眞理子さんの息子さんのお嫁さんである里佳さんとでお店を切り盛りすることになりました。里佳さんは大阪で生まれ育った美容師さんですが、「田舎が好きだから」と快く移住。「森ちゃんの隠れ家」の隣に同じく美容師さんである眞理子さんの息子さんが美容院「Blum」をオープン。

美容院Blum外観

 

息子さん夫妻の移住のきっかけはお店のことだけでなく、教育長に就任したご主人が大病を患ったこともありました。

 

 

地域に「あってよかった」と思ってもらえる場所に

「一度『森ちゃんの隠れ家』のカウンターに入ったことで、主人はより良い仕事ができるようになったと思います」

地域の方と直接触れ合う機会が増え、香美町の教育に必要なものを再確認したご主人は、地域の灯りである学校をなくさないように『香美町学校間スーパー連携チャレンジプラン』を導入しました。

その他、障害のあるお子さんが地域で生きていくためにと、特別支援学校(兵庫県立出石特別支援学校みかた校)の開校にも尽力。しかし、2015年、開校を目前にして、地域の教育に情熱を燃やし続けたご主人は亡くなり、開校式には眞理子さんが代わりに出席しました。

「主人の話を聞いた特別支援学校の卒業生が親子で『森ちゃんの隠れ家』に来られ、『学校があるおかげで地元で生きていくことができるようになりました』と、感謝の言葉をいただきました。この店にも、香美町の教育にも、主人の仕事は残っていると思います」

ご主人は香美町でお店を開くことについて、「成功はお金儲けじゃない、家族やお店に来てくださるお客様が幸せじゃないと成功じゃない」という価値観を持っていました。

「同じ価値観を持ち、人との関わりや自然との関わりに幸せを感じたり価値観を見いだせる方であれば、香美町で楽しく暮らしていけるのでは」と眞理子さんは言います。

森ちゃんの隠れ家 全て手作りの週替わりランチ

 

眞理子さんやご主人の教え子が訪れたり、地域外からランチ巡りの一環でお客様が来られたり、地元の方のコミュニティスペースになったり、地域と繋がり続ける「森ちゃんの隠れ家」。「この地域にあの場所があって良かったな、と思ってもらえる店であり続けたら嬉しい」と眞理子さんは語っています。

左・次男のお嫁さん、里佳さん 右・オーナーの森脇眞理子さん
  • 店名
    森ちゃんの隠れ家
  • 営業時間
    10:00〜18:00(LO17:30) 定休日: 月・第2、3火曜日 
  • TEL
    0796-98-1422
  • 所在地
    兵庫県美方郡香美町村岡区鹿田111-1 
  • HP
一覧に戻る