ABOUT 香美町を知る

香美町の地図

3つの魅力に出会える町

町内面積の約6割が自然公園区域に指定され、
日本海から山間地域まで海、山、里の豊かな自然に恵まれた香美町。

いわゆるリゾート地とは違う、
雄大さと厳しさをあわせもつ地域ならではの質実剛健な魅力がある。

海と暮らす、香住
文化息づく、村岡
美しい里山、小代

そこに暮らす人々の気質にも息づいています。

海と暮らす、香住

海とともに生き、海とともに暮らす。

山陰有数の漁港・香住港をもち、香住ガニ等の水産品が有名なほか、水産加工業も盛ん。

海沿いに漁師町が広がる一方で商業施設や行政の中心でもある。

文化香る町、村岡

江戸時代に城下町として栄えた村岡。

旗本山名氏が構えた陣屋や、武家屋敷などの情緒が残る町中。

上級者の集うスキー場で知られる山岳。

大規模農家や企業拠点からなる文化と経済の中心地。

美しい里山、小代

美しい棚田が広がる里山の風景。

「日本で最も美しい村」連合に加盟する他、区内の各所を巡る「みかた残酷マラソン全国大会」等多彩な企画を打ち出す。

和牛のふるさとであり畜産を含む小規模農家の多いまち。

FLAG STORY 暮らしを聞く

香美町で自分の旗(=信念)を掲げて生きる人々の声をインタビュー。

暮らしを聞く

基本データ

人口/世帯数 18,312人/6,653世帯(2017年8月1日現在)
面積 368.77 km²
地形 日本海に面する。全域が山陰海岸ジオパークに属し、町内に山陰海岸国立公園、氷ノ山後山那岐山国定公園の一部を有する。小代区に源を発し香住区で日本海にそそぐ矢田川が流れる。
気候 夏は最高気温30度を超えるものの、日が落ちると気温が下がり、夜の最低気温は20℃を切ることも。12~2月は積雪があり、冬はスノータイヤ必須。豪雪地帯のため、幹線道路は積雪対策あり。
産業 建設業、製造業、卸売・小売業や観光関連サービス業などが盛ん。その他、数は多くはないが畜産・農業や漁業など、この土地ならではの産業も。
歴史 2005年城崎郡香住町、美方郡美方町・村岡町の合併により誕生。香住区は香住海岸の絶景を江戸時代の儒学者皆川淇園により「月波樓の記」の中に書き残される。村岡区は清和源氏の流れを汲む山名豊国が初代藩主を務め、城下町として栄えた。小代区は但馬牛の基礎となる名牛田尻号を輩出し、和牛のふるさとと呼ばれる。
公式ホームページ http://www.town.mikata-kami.lg.jp

アクセス

香美町は兵庫県北部に位置し日本海に面する。東は豊岡市、南は養父市、西は新温泉町、鳥取県八頭郡若桜町。隣接する中都市の豊岡市や鳥取市は通勤圏である。

アクセスマップ

お車で

大阪より 3時間30分

  • 山陽自動車道→[山陽姫路IC]→播但連絡道路→[和田山IC]→北近畿豊岡自動車道→[八鹿氷ノ山IC]→R9
  • 中国自動車道→[福崎IC]→播但連絡道路→[和田山IC]→北近畿豊岡自動車道→[八鹿氷ノ山IC]→R9
  • 中国自動車道→[吉川JCT]→舞鶴若狭自動車道→[春日IC]→北近畿豊岡自動車道→[八鹿氷ノ山IC]→R9

京都より 約3時間

  • 京都縦貫自動車道→[綾部IC]→舞鶴若狭自動車道→[福知山IC]→R9

神戸より2時間30分

  • 播但連絡道路→[和田山IC]→北近畿豊岡自動車道→[八鹿氷ノ山IC]→R9

JRで

大阪より3時間15分

  • JR山陰本線 特急(こうのとり)→[JR城崎温泉駅]→山陰本線→[JR香住駅](香住区)
  • JR山陰本線 特急(はまかぜ)→[JR香住駅](香住区)

京都より 約3時間

  • JR山陰本線 特急(はしだて)→[JR福知山]→特級(こうのとり)→[JR豊岡駅]→JR山陰本線豊岡駅→[JR香住駅](香住区)

神戸より2時間50分

  • JR山陰本線 特急(はまかぜ)→[JR香住駅](香住区)