スタバ女子が香美町でたどり着いたのは「無いことを楽しむ心」

スタバ女子が香美町でたどり着いたのは「無いことを楽しむ心」

  ドラマチックな決断

「都会生まれ、都会暮らしの若い女性が、一度も訪れたことのない田舎に1人っきりで移住」・・・まるでドラマのような話ですが、今回はそんな女性のご紹介です。

西宮生まれの西宮育ち、スタバとコンビニの新作が大好きな学生だったという「宮路 楓」さん。

卒業後の就職先を探していた際に、たまたま見かけた香美町の「香住」の文字。「え、香住って地名?香住ってどこ?但馬?え、同じ兵庫県なん?」という素朴な疑問から始まり、バイト先の店長と香美町神戸営業所の職員さんが仲良くて「行ったことないけど、なんか面白そう」という軽いノリから移住を決意。肝心の就職活動も「え!何これ!螺旋階段のついた社宅!おー!なんて魅力的!」と、(株)トキワに即決!

( 宮路さんを即決させた素敵な社宅 )

 

「私、昔から誰にも相談無しに1人で決めて行動してしまうことが多くて…。今回も親にはほぼ『事後報告』でしたね…」と、驚きの直感力と行動力を兼ね備えておられます。ご両親からは「大丈夫?」と心配され、友達からも、「『えーっ!みんな都会に行くのに、なんであんたは逆なのぉ?』という反応でしたね〜」。

ひと昔前までは、都会へ出ていくことがステータスのようでしたが、最近は都会の生活にさほど関心を持たない若者も増えてきているようです。宮路さんもその中の1人なのでしょう。( 初めて香住を訪れた日も岡見にたどりついてお茶を飲んだそう )

 

無いことを楽しもう

2018年5月、最終面接で初めて香住に向かった時のことは鮮明に覚えているという宮路さん。「2両編成の電車に乗って、初めて香住に向かった時はワクワクドキドキでした。香住が近くなるにつれ、車窓から見える景色に『3階建て以上の建物がなくなってく〜』って思って不安でした。香住に着いてからは、おぉ…ホントに何にも無い〜って。」

移住してきたのは2019年3月。「住み始めてからはとにかく戸惑いの連続でした。お店が少ないので『服ってどこで買うんですか?』とか、会社の先輩に失礼な質問をしたこともありました。でも、移住1年目の夏に『あ!そうか!無いことを楽しめばいいやん!』って悟った時に「そっか!こっちでやれることは、西宮ではあり得ないことばっかり!」って気づいたんです。

( 小代区にある吉滝で滝の裏側を体験 )

奈良公園に行かなきゃ会えないと思ってた鹿にもいつでも出会うし、黒ウサギやキツネにも会えました。会社の先輩と普通に小代の川で川遊びしたり、ハタハタが道端で干してあったり、イカがくるくる回ってるのを目撃したり、家で茹でたての香住ガニを食べて甲羅酒を飲んだり、ホントに食べ物は美味しいですよねぇ〜!そう考えるとどんなこともすごく楽しく思えてきました。ホント、いい意味で田舎をナメてましたよ」

取材中、あんなことも!こんなことも!と、どんどん出てきて話が尽きない宮路さん、香住の魅力を満喫しておられるのが伝わってきます。

( 船釣りで高級魚「アコウ」を釣り上げた )

 

仕事を通じて

宮路さんが就職を決めた (株)トキワさんは社宅だけではなく「べんりで酢」や「梅ごこち」「城崎ビネガー」などの「商品」で全国的にその名が知られています。また香美町の中でも(株)トキワさんのように100名近くの従業員を抱える企業は数少なく、その中でも特に移住者の定職、定住を積極的に推進する会社で知られています。

現在、営業部営業課に属する宮路さん「私、営業がやりたかった訳ではないんです。人と話すのもホントは苦手で…」「でもこの会社は製造現場で3ヶ月間みっちり研修する制度があるんです。その研修で、製造のしんどさをしっかり体験したことが、今になってお客様に商品を大事に扱って欲しいという思いに繋がってたりしてますね。でもここだけの話、ぶっちゃけ、私、お酢って苦手なんですよ……」!!驚きの告白です!

 

これからもずっと

 「(株)トキワの先輩方や町の人たちはとても優しくて、ホントに住んで良かったなって思います。多分これからもずっと香住にいるんじゃないかって思ってます」

「この前帰省した時に、宝塚インターを降りた時『懐かしい』という感覚でした。次の日、香住インターを降りた時に『帰ってきた!』って思いました。いつの間にか『ホーム』に戻ってきたと感じるようになってましたね〜、自分でも驚きです」

移住してきても数年で帰郷していく方も少なくない中、とても柔軟な発想の持ち主であり、行動力のある宮路さん。何事にも前向きで、昔からみんなに可愛がられる性格なので地元に馴染むのも早いようです。これからも楽しみなことがきっとたくさん訪れることでしょう。

取材場所 レンタルスペース岡見 https://www.facebook.com/rentalspace.okami/

< 著者:香美町町民ライター 池本 大志 >

香美町地域おこし協力隊を募集しています

香美町の助っ人となってくれる地域おこし協力隊を募集しています。

興味がある方はお気軽にお問い合わせください。(企画課 0796-36-1962)

応募もどしどしお待ちしています!!

香美町地域おこし協力隊について|https://www.town.mikata-kami.lg.jp/www/contents/1573553124080/index.html

【募集業務】
・かすみ水産業振興業務 1名
・「日本で最も美しい村 香美町小代」運営業務 1名
・射添地区地域づくり業務 1名
・小代内水面漁業事業承継業務 1名
・高校支援教育コーディネーター業務 1名
・但馬高原植物園活性化推進協議 1名

【応募受付期間】
2021年1月4日(月)から2021年2月5日(金)まで

 

~香美町地域おこし協力隊任期後の活動~

本多秋香さん|「紙漉き」とつながる、自然の中の営み
田尻 茜さん|贅沢な時間が過ごせる小代に、人が集まるゲストハウスを

但馬地域オンライン移住相談会を開催します

 

但馬地域のオンライン移住相談会を開催します。
オンラインで気軽に相談できる3日間です。みなさまのご参加をお待ちしています。

開催日
1月23日(土)・24日(日)・25日(月)

参加費は無料ですが、事前予約制となっていますので、詳しくはこちらをご確認ください。

 

主催
たじま田舎暮らし情報センター・兵庫県但馬県民局・豊岡市・養父市・朝来市・新温泉町・香美町

 

「やっぱり麒麟のまちで暮らそう!」YouTubeで公開中です

 

11月28日(土)にオンラインで開催された鳥取来楽暮カフェ「やっぱり麒麟のまちで暮らそう!」無事終了しました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

当日の様子がYouTubeにて公開されていますのでぜひご覧ください。

 

鳥取県東部と兵庫県新温泉町・香美町のリアルな生活の話、地域おこし協力隊の暮らしの話など盛りだくさんの内容となっています。

 

【やっぱり麒麟のまちで暮らそう!(前編)】https://youtu.be/e3a8htB4y7c

 

【やっぱり麒麟のまちで暮らそう!(後編)】https://youtu.be/j9gIxSpTOXQ

 

来年3月27日(土)には、仕事の話などもう少し掘り下げた内容でオンライン相談が実施されます。もちろん香美町も参加予定です!

お楽しみに!

 

 

香美町のまち自慢YouTubeにて公開中です

「今日くらいトットリの話を聞いてくれないかー麒麟のまち!まち自慢編ー」に、香美町とと活隊から隊員の和田耕治さんがご出演しています。
香美町の魅力についてお話していますのでぜひご覧ください。

香美町とと活隊Facebook|https://m.facebook.com/totokatsutai

 

「今日くらいトットリの話を聞いてくれないかー麒麟のまち!まち自慢編」第2回前半(和田さんの出演は19:00頃からです)

 

「今日くらいトットリの話を聞いてくれないかー麒麟のまち!まち自慢編ー」
第1回
【前半】https://www.youtube.com/watch?v=5U47uercZVM&feature=youtu.be
【後半】https://www.youtube.com/watch?v=SsJ0jkKWIfA&feature=youtu.be

第2回
【前半】https://www.youtube.com/watch?v=CNv0na5uSTY&feature=youtu.be
【後半】https://www.youtube.com/watch?v=krd41v_PQXA&feature=youtu.be

週末移住者『おじろじろキャンプ場』現在開拓中(2021 年夏オープン予定)

週末移住者『おじろじろキャンプ場』現在開拓中(2021 年夏オープン予定)

キャンプ好きが高じて、小代区の山を購入した上山さんご夫婦。
最高のキャンプ場をつくりたい!と家族みんなで楽しみながら手作業での開拓。 小代と大阪を行き来する、週末移住のようなスタイルでキャンプ生活を満喫中!

            (左から 叔母の藤原孝子さん・上山知沙子さん・上山恭平さん )

2 年前の冬、小代区の山を購入した上山さんご夫婦。山を購入したきっかけは「自分たちの理想のキャンプ場を作るため」。
お二人の住まいは大阪、堺市。数年前から夫婦でキャンプにはまり、関西周辺の様々なキャンプ場を巡って楽しんでいた頃、キャンプからの帰り道は決まって二人で、キャンプ場についてのいろんな妄想をしていたそう。「ここのキャンプ場の露天風呂は最高やった!けど、もうちょっとこうだったらより最高なのに。私だったらこんなキャンプ場にする!」と。
そんなことを繰り返しているうちに、ふと、知沙子さんの中でこんな想いが浮かび上がってきたそうです。
「このキャンプ場巡りで私が思った『いいところ』取りをした『いいところ』だらけのキャンプ場を作りたい!」と。

いろいろな表情をもつ山に一目惚れ。

そこで早速、知沙子さん自ら、キャンプ場運営のための事業計画を立てて、キャンプ場建設のための山探しが始まりました。理想は傾斜ばかりの山ではなく、テントサイトが作れる広大な平地があり、景色もよい場所。
ネットで、山林バンクや山を専門に売買をする仲介サイトや田舎暮らし専門のサイトなどを調べ、気になったところに実際に見に行っている中で、小代の山との運命的な出会いがありました。
見てすぐに気に入り、キャンプ場になるイメージができたそう。

広い平地。ここがテントサイトに。

広さ 13 万坪(約 43 万 m²)という予想以上に広大な山林は平たんな広場が多く、山の中に林道も整っていて、杉林も森もあり、小川も流れる理想的な山。
「ダントツで気に入った。」という一目惚れした山を即決で購入し、その年の春から、週末通いのキャンプ場開拓がはじまりました。
知沙子さんの母、叔母さんにも「手伝って欲しい」と頼んだところ、こちらも即決で「やりたい!やろう、やろう!」と一家でのキャンプ場作りが始まりました。現在開拓中。2021 年夏にオープン予定です。
名前は『おじろじろキャンプ場』。

管理棟となる小屋を一から手作りで建設中。

さて、そもそもキャンプ場を作りたいと言っても、大阪で会社員の恭平さんのおやすみは週末だけ。
事務職をされている恭平さんと、元々エステサロンで働いていたという知沙子さん。母・叔母も田舎暮らしの経験もなく、まさに全員が手探り状態で始める作業の数々。
まずは山の整備。大量の草刈りに木の伐採。作業のために恭平さんはチェーンソーを使った木の伐採の訓練を受け、知沙子さんは電気の配線ができるように、電気工事の資格をとり、作業効率化のためショベルカーも乗りこなせるように。管理棟も知沙子さんが一人で設計図をひいて、一から作ったそう。
知沙子さんの母と叔母もどんどんキャンプの面白さにハマって、毎週末、夫婦と一緒に通い、楽しく作業を手伝っています。

 

上山さん一家が、楽しくキャンプ場を開拓している様子は、知沙子さんが動画で撮り、編集して Youtube で配信されています。 上山さん【兵庫でキャンプ場作り】https://www.youtube.com/channel/UCn93wskLvOXcjwRvJdRnlBQ
山にお風呂がない、なら作るしかない!と、山の中でドラム缶風呂に入る様子や、管理棟を一から作っている様子やトイレ問題だったり、自然溢れる山でのあんなことやこんなこと、Youtube 配信や SNS での発信もあり、多くの方が一家のファンになっています。
ドラム缶風呂作って入ってみた【家族でキャンプ場作り #13】https://www.youtube.com/watch?v=_NASqf51R8g&t=65s

「SNS で知り合いになった大工さんが手伝いに来てくれたり、小代の人たちとも仲良くなって、小代に来た時の拠点となる場所を提供してくれたり、作業を手伝いに来てくれたり、本当に小代は居心地がめっちゃいいです。親しみやすくて、Welcome な状態で受け入れてくれるので、わたしたちも自然と溶け込めている気がします。」と知沙子さん。
地域の行事に参加したり、小代の人たちとのつながりもしっかりでき、いい環境を築いている上山さん一家。みなさんの人柄・キャラクターもあり、すっかり小代に馴染んでおられます。

ー現在、開拓 2 年目。今度の予定は?どんなキャンプ場になりそうですか?

「1 年目はまず管理棟を作り、今はオープンのためにトイレ棟の建設中。管理棟には今年ウッドデッキをつけて、快適なキャンプ場へと少しずつ近づいてきています。次は露天風呂も作りたいです!」
「この自然のすばらしさを大切に、星空を楽しんだり、美しい景色を楽しめるキャンプ場にしたい。
すごく広いので、オートサイトでも普通の区画よりも広く作れると思う。隣が気にならない、ゆったり広々としたキャンプ場にしたいです。フリーサイトも、林の中やいろいろなところに作れるから、キャンプ好きにはたまらないと思います!」

叔母のつくるパンはプロ級!

週末だけの移住。もう一つの拠点作りで、人生をより楽しむヒントがたくさんつまっています。

そして知沙子さんの妄想も止まりません。
「やりたいことはたくさんあって、叔母が作るパンがおいしいと評判なので、叔母のパン屋さん計画を考えてます!
キャンプ場ができたら、ソーセージ作りなどの体験教室や、山の中でのカフェや、バイクで来たり、キャンプでなくても昼間にふらっと来て休憩できるカフェを森の中に作れたらいいなぁとか。あとは滝の水を使ってプール作れないかなぁとか(笑)
広いドッグランの中にテントを建てて犬と楽しみながらキャンプできるテントサイトや、自分たち専用の足湯がサイトの中にあって、いつでも足湯ができる足湯サイトや。ツリーハウスやコテージもいいなぁとか。たくさん妄想して、楽しみながら考えています。」

恭平さんも小代でのキャンプ場作りをする中で、毎日の仕事に対するモチベーションや、気持ちの変化があったそうで、
「自分たちで理想のキャンプ場を作るための開拓は本当に楽しくて、週末になったら山に行けると思ったら、仕事のストレスもなくなります。普段住んでいる場所とは違う場所がある、というのが心の支えというか、大阪から小代に行ってキャンプすることで、心のスイッチを切り替えられるので、毎日を楽しく過ごせています。」

大人の遊び場作り。それを全力で楽しむ上山さん一家。
最近はテレビや新聞などの取材も多く、全国的にも上山さん一家のキャンプ場作りの様子に注目が集まっています。

週末だけの移住。もう一つの拠点作りで、人生をより楽しむヒントがたくさんつまっています。これからオープンに向け、ますます楽しみながら素敵なキャンプ場をオープンさせてください。オープン後も開拓はまだまだ続きそうですね!

(左から知沙子さんの母と叔母)

(露天風呂予定地からの眺め)

<著者:香美町町民ライター 中村 美和子>

オンライン移住相談します!鳥取来楽暮カフェ「やっぱり麒麟のまちで暮らそう!」

鳥取来楽暮カフェ「やっぱり麒麟のまちで暮らそう!」に参加します♩

【日時】11月28日(土)13:00~16:00

 

もともと鳥取県の移住イベントである鳥取来楽暮カフェに、「麒麟のまち」として新温泉町さんと香美町が参加させていただくことになりました!

zoomによるトークとオンライン相談を行います。参加費無料ですのでお気軽にご参加ください。

 

お申込みはこちらから!→鳥取来楽暮カフェ「やっぱり麒麟のまちで暮らそう!」

イベントHP|https://furusato.tori-info.co.jp/iju/topics/4282.html

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、大阪会場での開催は中止となりました。

チラシダウンロード 1128鳥取来楽暮カフェチラシ

 

 

但馬地域の空き家相談会を開催します

「空き家のことを誰に相談すればいいかわからない」という方のために、但馬県民局が空き家相談会を開催します。

【チラシ】但馬空き家相談会_0912

但馬地域に空き家を所有している方などで、管理や利活用にお困りの方を対象に、相談会を開催します。相談には空き家相談に取り組んでいるNPO法人の相談員があたります。必要に応じ専門家の紹介を行うなど、問題解決のサポートをします。

対 象 但馬地域に空き家を所有または管理している方、相談する予定がある方などで、空き家の管理や利活用にお困りの方

予 約 事前予約制とします。相談のある方は、各回前日正午までに、下記のいずれかへ電話またはメールをお願いします。

予約先 NPO法人Goodstock(グッドストック) 0791-78-9220(日、月、火) info@good-stock.net

    但馬県民局豊岡土木事務所まちづくり建築第1課 0796-34-6174 toyookadoboku@pref.hyogo.lg.jp

各会場 新温泉町[日時]令和2年10月23日(金)午後1時~5時[場所]浜坂多目的集会施設 会議室(新温泉町浜坂2673-1)

    養父市 [日時]令和2年11月13日(金)午後1時~5時[場所]養父公民館 児童室(養父市広谷250)

    香美町 [日時]令和2年12月  4日(金)午後1時~5時[場所]香美町役場 3階第4会議室(香美町香住区香住870-1)

    豊岡市 [日時]令和2年12月25日(金)午後1時~5時[場所]兵庫県豊岡総合庁舎職員福利センター 会議室(豊岡市幸町7-11)

    朝来市 [日時]令和3年  1月  8日(金)午後1時~5時[場所]和田山生涯学習センター 1階研修室(朝来市和田山町玉置824-1)

・どの会場に来ていただいても構いません。

・間取り図、建築確認、固定資産税納税通知書、外観写真などがあれば、ご持参ください。

・新型コロナウイルスの感染状況により、やむをえず、中止または内容変更等をする場合があります。

・新型コロナウイルス感染予防のため、必ずマスクを着用してお越しください。